お問い合わせ・御見積もりフォーム

光明庭園の前向きブログ|感謝の心を忘れず日々精進

代表 狩下 剛典

代表 狩下 剛典

1級造園技能士
2級造園施工管理技士
2級土木施工管理技士
WATER GARSEN MEISTER
(社)日本造園組合連合会員

責任をもって仕事させて頂きます。まずはお気軽にお電話ください。

ジャパン 庭園マイスターズ

法人のお客様

緑地管理・工場緑地管理・グリーンカーテンなど、法人様向けサービスにも力を入れています。

Total:0217915

K様邸 雑木の庭

K様邸 雑木の庭

更地からの造園施工。
その為庭園、駐車場、アプロープの地割りからスタート。
普段はお車1台だが時には多く止められたいとのご要望がありました。しかし多くの台数の駐車場を確保すると庭園のスペースが狭くなってしまう。
そこで駐車場の奥を芝生にすることによって臨時スペースを確保すると同時に芝生の明るい空間ができました。
後はお任せでしたので雑木の庭をお勧め致しました。そしたらモミジを2種類植えたいとの事で、テラスの脇へセイガイモミジ、庭の真ん中へノムラモミジを植えました。テラス横のモミジは大きく成長したらテラスへ涼しい木陰を作ってくれるはずです。石組は大雨が降った時だけに水が流れるどこの山にもあるような沢をお手本に組みました。自然な感じに荒くもあるが、その上を歩いて散策できるように気を付けて組みました。
 テラスの目の前にはフォーカスポイントとして御影石を加工した中へ砂岩の手水鉢を据えて、その沢の水が流れつく海を、後ろには六方石を立て引きたてました。一度そこへ眼をやることで庭を見る眼に変化を付けました。
 石組の両脇えは、奥に向けて狭くなるようにイヌシデ・コナラ・オトコヨウゾメなどを配植し奥行を出しました。
 夏には少し暗い雑木林の奥に明るい芝生が見え隠れし、さらに奥行と期待感が高まるようにも考えました。


フォーカスポイント

雑木林と芝生